西京区大原野で、眼科・内科・呼吸器疾患・アレルギー疾患の治療を行っています

お知らせ

 

 

*コロナウイルス感染症について

・新型コロナウイルス感染症拡大を受け、院内では換気、消毒など感染防止対策を強化しております。受診の方は、マスクを着用の上、入り口での手指消毒をお願いしております。また、受付で体温チェックをさせていただきます。

・数日間以上の発熱、呼吸苦、コロナ感染者との濃厚接触のあった方はお電話にてお問合せください。

お車でお越しの方は、車内でお待ちいただくことも可能ですので受付でお申し出ください(携帯電話にご連絡いたします)。 2020.10

 

*従来よりも効果の高い、新しい帯状疱疹ワクチンの接種が可能となりました。

  50歳以上が対象。2か月間隔で2回の接種が必要で、費用は自己負担となります。2020.2

***************************************

 

休診日にご連絡をいただく際には留守番電話になっておりますので

①お名前 ②診察券番号(おわかりになれば)③ご用件 ④ご連絡先

を必ずお話しください。

特にご連絡先は必ずお願い致します。

****************************************

診療日のご案内


診療のご案内

眼科

*眼科一般検査:視力・眼圧・眼底検査

*白内障・緑内障・各種網膜疾患(加齢黄斑変性・糖尿病網膜症など)

*眼瞼痙攣および片側顔面痙攣に対するボトックス治療(要予約)

*眼鏡処方・コンタクトレンズ処方(通常よりも時間がかかりますので余裕をもってお越し下さい)

*手術が必要な場合は連携先病院へ御紹介致します(桂病院・京都市立病院・淀川キリスト教病院など)

 

内科

*呼吸器疾患(喘息・慢性閉塞性肺疾患など)

*アレルギー疾患(花粉症・アレルギー性鼻炎など)

 舌下免疫療法も行っております。ご相談下さい。

*内科一般診療

*高次医療機関での検査、治療が必要な場合は連携先病院(桂病院・京都市立病院など)に御紹介致します。

 



医師の紹介

眼科:濱本 亜裕美       内科:濱本 康平 (院長)


 ご存知ですか? 舌下免疫療法(スギ花粉症やダニアレルギーなどの治療)

 

舌下免疫療法とは、アレルギー物質の種類に応じた薬を舌の下に置いて溶かして服用する、という服用方法で長期に渡り服用を続けて、アレルギー反応を弱めていく治療方法です。

スギ花粉症の場合は、治療開始はスギ花粉のシーズン終了後となります(シーズン中は開始できません)のでご注意ください。

その他、ダニアレルギーなどの治療も可能です。

まずは何に対するアレルギーがあるのか検査をして、対応する薬を選ぶところから始めていきます。

服用は数年間に及びますが、早い方では数ヶ月目から効果を実感する場合もあります。


院長より 

 

診療所の現況と目指すこと

 

超高齢化社会を迎え、眼科疾患と内科疾患(特に呼吸器疾患)の連携を念頭にした診療を勧めたいと考えております。

 

当院の特徴

 

*白内障・緑内障など視力障害がある年齢では、眼科併診は検診、近隣病院との連携、特に住民健診では眼科検診が利用でき利便性があります

 

眼科担当医は大規模病院での診療・手術も合わせて行っており、知識と技術のアップデートを常に行っています。

*当院内科系では上気道炎症状での受診者が多いですが、上気道(鼻・喉)と下気道(肺)を一つの関連疾患(oneway onedisease)の観点から診療し一貫した診療を心がけています。

特に、重症呼吸器感染症・肺腫瘍・呼吸不全症例では両大学・市立病院・桂病院・三菱病院を中心に病診連携を行っています。 最近では、高齢化社会に伴い呼吸器疾患治療においては多彩な合併症をお持ちですので高血圧・糖尿病・腎疾患・骨関節疾患・循環器疾患など関連病院との連携で患者様の期待に沿えるよう努力しています。 特に当院で、高齢化社会を反映する白内障・緑内障・視力障害患者さまと内科・呼吸器疾患・アレルギー疾患との併診に強みを自負していますし、小児アレルギー性眼科疾患とアレルギー性呼吸器疾患に共同で対処しています。